FC2ブログ

ペルナンブーコとは(1):バイオリン弓 ビオラ弓 チェロ弓

バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの弓のスティック本体部分は、
ペルナンブーコと呼ばれる木でできています。

ペルナンブーコ、こんなかわいい花が咲きます。
弓の材料'ペルナンブーコ'の花

このペルナンブーコ。実はブラジルにしか植生していません。
現地では、この木はポルトガル語で"Pau Brasil"と呼ばれており、
("Pau" は「木」の意味)英語にするとブラジルウッド。

では、"ペルナンブーコ"という名称は、なんなのかというと、
実は、ブラジル北西部の同名の州の名からきた通称でしかありません。

通称:ペルナンブーコ
=学名:Caesalpinia echinata
=英名:Brasilwood
=和名:ブラジルボク

さて、このブラジルウッドという英名、 弓メーカーの価格表などで
一番安い弓の材料の表示名に使われたりしているので、
『"ブラジルウッド"は "ペルナンブーコ"とは全く異なる無関係な木』、
…というイメージを持っているかたも多いと思いますが、
それは、バイオリン業界が材料のクオリティの違いを示すために
ひねり出した表現方法による誤解で、
実は、"ペルナンブーコ"こそ、 ある意味、正真正銘のブラジルウッドなのです。

Caesalpinia Echinata
マメ目ジャケツイバラ科ジャケツイバラ属ブラジルボク。

マメ目なのでマメっぽい実もなる。
詳しいことは判りませんがジャケツイバラ科っぽさも満載でございますね~。 

powered by Fotopedia



次回、このブラジルでしか採れない"ペルナンブーコ"が
バイオリン弓ビオラ弓チェロ弓に使われるようになった歴史をご紹介します(^-^)/♪

バイオリン弓ビオラ弓チェロ弓の販売
古賀弦楽器




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント